よく質問されるハイライトと脱白髪染め

こんにちは、広尾Ataの安藤です。


最近、よく質問される白髪をぼかすハイライト。自分もお客様に提案や施術よく行っています。


メリットやデメリット、おすすめの方など改めて説明していきます。

《お客様、一人一人に合った白髪との付き合い方》が見つかりますように。



よく提案している【極細ハイライト】





before↓



脱白髪染めハイライトの技法を使って、

白髪が気になる分け目と顔まわりに極細ハイライトをいれて綺麗に馴染ませる方法になります。



こちらのメリットは透明感や立体感がでてお洒落に白髪を馴染ませる事ができるのがポイントになります。

伸びてきた時も縦に明るいハイライトが入ってると新しい白髪が気になりにくいです。


実際、こちらのお客さまは毎回ハイライトのみをいれてずっと綺麗な状態を保ててます。

(料金ハイライト通常のカラープラス5000円)




ハイライトは明るいブリーチを使う関係上、やはりデメリットもあります。


・来店した時にダークブラウン、もしくは黒髪の白髪染めをしてる場合、一回では作れない、数回かかる時もある。

・施術の技術力の差で色がとれてきた時に凄い明るくなりすぎる事もある。

・ハイライトの部分は多少ダメージもある。




自分はデメリットも考慮しながら、その人に合ったやり方を考えるのやはり大切だと思ってます。



ハイライトを入れなくても明るめの白髪染めで行ってもある程度、白髪の伸びは気になりにくくもなります。


肌の色や髪型、ライフスタイルによっては暗めのカラーが似合う方もいます。そんな方は

分け目だけポイントカラーでメンテナンスして綺麗に保つ方もいます。

 


Ata.ではオーガニック認証うけた93%天然成分で出来たホームカラーも販売してます。




年齢を重ねるなかでストレス少なく、

綺麗に保てればハイライトだけが選択肢ではないので。



しっかりカウンセリングしてお客様1人1人に合った提案もこれからもしていきたいと思います。




気になる事があれば気軽に相談して下さいね。

  


広尾 Ata. 安藤

ご予約↓

https://reservia.jp/reserve/menu/6295?start_page=2&is_guest=1






#広尾#脱白髪染め#脱白髪染めハイライト#ヴィラロドラ#オーガニックカラー

最新記事

すべて表示